チェブラーシカの謎

旅日記,絵画,サッカーネタまずこれからいって頂きたい,

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ブリュッセル,「ついに来たか,」,,

その夜,ユースの中庭で一人しばらく空をみながら
一服して,この先何処へ行くかな,,など
考えていた,

部屋に戻ると,電気を消して皆眠ってしまっている,


オイラも疲れもあって,眠くなって来たんで
部屋に入り二段ベットの上にあがり眠ろうと目を瞑った,


モエルモエル
(ブリュッセルの夜は独特な雰囲気が,)



しばらくして,どのくらいたったか?分からなかったが
そんなに経っていなかったのか真夜中だった,

ぼーっとしていると,なにかに?
見られている感じがした,

で,あまりに気になったんでキョロキョロと
一人一人部屋で寝てる奴をチェックしながら
(眠れん奴でもいるのかなーっと,)
半身乗り出し,薄暗い中を見て回った。

みな寝ている,,,


夜中に入って来た,外人が眠れんでいるんだろうと
納得させ,眠ることに,

うとうとと,なんか知らないが起きると,
誰かがオイラの上でひそひそ会話してる,,,?


あり得ない場所から声が聞こえる,,
生きている者ではない,,ってのは直ぐに分かった,
二段ベットの上にいるオイラの足元から聞こえるのだ!
(あり得ん角度ですわ,)
しばし,これまでも見て来たんで,叫んだり,,なんてことはなく,
「なんだ?」
と普通に考えてしまっていた,



「,,またか,」
なんて思っていた,
(物凄い疲れてんのに!)

いつもは日本人なんで良いが,
今回は外人!

幽霊には関係ない言う人も居るけど,
実際なにか?分からん言葉言ってるので,,
まあ,余計困る訳です,


しかも,上半身だけの4,5人がオイラをジロジロみながら
ずーっと,相談している,,,

「こいつ,どうしたもんだろう」
なんて感じで,

おばさんなんてオモックソ観たことも無いような悪い顔してる,
(昔の農民?火薬の匂いがした,)
憎しみ満点だけど,,


オイラはセコい金縛りなんてものにはかからない!
オイラがそこらの奴に負ける訳がない!
(なんて,何故か自信があったり,)
この時も実際,体重い位で,普通に動けてましたが
どちらにしても,体力は消耗してしまうので


「今回はとりあえず,勘弁してくれよ!」

なんて言っていたが全く聞いてもらえず
(ってか通じてんのかな?)
追い払うのに手を叩いていた


何時間も続き(時間は分からんが,,)
どうにか追い返せました,
ってか,去ってくれました,



気づいたら朝だった,,
皆はスッキリ爽快!みたいだったが
オイラはぐったり(笑,

パシパシ手を叩いていたのを
タクミ氏は実は起きていたらしいのですが,
虫と闘ってるのだと思ってたらしい,笑

「勘弁してほしい程,虫居なかっただろー,」
言われました,笑



と,朝一から,いろいろ話し,笑い,話,笑いでした,

でも,気がついた時には”あれ”をまだ見てないなー
と,気がつけば違う話になってたり

で,取り敢えずそいつを見に行くことに!



あとベルギーの食い物で有名な奴を!

と最後には食い物の話になっていました,笑





旅日記,続きます,




スポンサーサイト
2008/05/23/Fri 02:05:32  長く曲がりくねった道,EU北上編/CM:2/TB:0/

§ ブリュッセル,寄り道&木いちごビール偏,

人がいなくなってきて,
薄暗い,ところに結構,人の入っっている
バーがあった,

飲んだ食ったのんだ
(飲んで,食って,また飲んだ!)


中は店員も客も柄はよくなかった,
タクミ氏は少し嫌なのか?隅の方で座っていた,
オイラとK君で,少しはベルギーの名産もいっとこう!
と,有名な”木いちごビール”やらを
バーテンに,

「ストロベリィーだ!取り敢えず,ストロベリー!」

だと,説得?し
店員を笑わせていた,

いちご牛乳
(いちごは好きなのだが,,)


無事に”木いちごビール”を頼んで
三人で飲むが,,
「う,うん,」「まあ,,」
と言う感想だった,


飲んだあと,すぐ近くにあった
タバックに滑り込み
飲み物&お菓子,などを物色!

なんだか得体の知れんものやらを買った,
最後に東京に電話するので
EU行ったことのある人なら分かると思うけど,
スクラッチテレフォンカードを10ユーロ分買った,
(裏をスクラッチして,出て来た番号に一度かける物)
後はレジの置物のようにいた店員に話しかけ,
店員2+オイラ達3で,しばらく話すことに,

なんとこの二人ベルギー人でなく
(見た目ですぐ分かるが,)
バングラディッシュ人で
なんと5カ国語っも喋れるのだ!

まずベルギーなんでもちろんフレンチ,
英語は苦労時代に覚えたらしい,
あとは自国ではすでにいろんな国の言葉が
あるんで,そこで3カ国語はなしてるらしい,

「オイラなんて日本語が怪しいよ~
 だから,0.5カ国語だねー!」

と,笑かしてました,

意外なとこで楽しめた,


三人でインドに行った話しやら
いろいろ話しをしながらユースへ,

このあと,まさかあんなことになんて思いもせんかった,,




続く,



2008/05/17/Sat 02:03:17  長く曲がりくねった道,EU北上編/CM:4/TB:0/

§ ブリュッセル,晩飯はなんだ!?偏,

いい時間になってきたんで,
日本人バックパッカーのKくんと
タクミ氏と三人で,出かけることにした,

ナイスワイディング
(夕方辺りになると,だんだん人が増えて来た,)


中心街はアーケードになっていて
隙間無くお店がならんでいる,
道には,オモっきりはみだして
テーブル&チェアー!



いろんな国の人達がビールを飲んで
はしゃいでいた,

でも,ベルギー料理はオイラ達
バックパッカーにとっては高価な,,
値段だったんで,
けっきょくケバブに!


いつの間にかケバブは大好物になってたので
さすが,世界三大料理だけあってトルキーはいいなー!
なんて,いいながらビールを飲みながら
ボリューム満天のケバブを食うのでした,
通りを歩く人に見られるのも,東京では気になることもあるが,
ここではさっぱり気にならん!
街の人が違うので,どっちも嫌な気はしないのだ,


ポテト&ラム肉それにビール! この相性は抜群!


腹を満タンにして,しばらく辺りを散歩しながら
帰宅することに,でも,名産がほしいな~



続く,




2008/05/12/Mon 01:49:55  長く曲がりくねった道,EU北上編/CM:2/TB:0/

§ ブリュッセル,帰宅編,

ユースの前を渡り,
(ここのユースは多くの部屋が道の向かい側にある)
部屋に戻ろうとしたとき

明らかに
バックバッカーな男女が迷っていた
デカイバックに+スーツケースと
何処に乗り込もうとしてるのか!ってぐらい
凄い荷物の量だった,

部リュッセルチャーチ
(この前を何度も通った,,)



「ユース・ホステルか?」
と言ってみた,


そうすると,そうだそうだ!
と言うので,分かりづらいユースなので
受付まで案内してあげた

(場所はすぐ分かるのだが,入り口が小さいし
 入っていいのか分からんくらい倉庫みたいな入り口なんで)

なかは,けっこう賑わってて,受付側はビリヤードしてたり
バーで飲んでたりして,かなりな賑わい方をしていて
なんかのパーティーでもしてるのかな?ってな具合だった,



オイラ達の部屋は出て,道の向かいなんで
たいして参加もせずに部屋にいることが多かった,



戻るとタクミ氏は髪を切っていた,
隅でベットとベットの影にいたんで,かなりビビった!

髪はガサガサになってしまっていた,

一通り爆笑してから

ベットでしばらく休んでいると
同じ部屋の日本人が戻って来た!


「お!日本人か!何も知らんから、教えてよ!」
と話しかけ,
晩飯に誘い,さっき行った広場まで行くことになった,


シャワーを浴び,晩飯まで寛いで時間をつぶした



部屋を出てすぐに中庭があり日の当たるところで
異常に背が高いスウェーデン人3人組と
話をしながら,いろいろ教わっていた,




続く,



2008/05/07/Wed 16:44:12  長く曲がりくねった道,EU北上編/CM:2/TB:0/

§ 世界遺産,グラン=プラス!日本に電話偏,

途中,アーケードのイスラム系のおじさんがやってる
鞄屋さん?の前に電話を発見!

ポケットに手を突っ込んで小銭を数えながら
いくらかかるか計算計算!


ふるいけどあたらしいけど
(ここでも道を聞かれたが,知るか!ってーの!笑)

そんなにかからなさそうなので,
(&使ってみたい場所だったので,笑)
東京の友人などに電話をかけてみた,



「いまどこなん?」聞かれ,


「ブリュッセルの中心辺り,,」
と答えたら,ほぼ全員に,


「はいはい,いいけど,明日遊ばない?」




などと言われ信じてもらえませんでした,涙

まあ,普段から他人から観れば,ふざけたメール&電話してる
自分が悪いと反省でした,笑
(メールの文の意味が分からないで有名人)


久々に”生の”日本に触れリフレッシュは出来た,,
のかな?




続く,






2008/05/02/Fri 01:45:06  長く曲がりくねった道,EU北上編/CM:2/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 チェブラーシカの謎. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。