チェブラーシカの謎

旅日記,絵画,サッカーネタまずこれからいって頂きたい,

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ フィレンツェ,あれは!編,

20071017171639.jpg

20071017171649.jpg
(見えて来た!)

とぼとぼ,と歩いてた,その時!

「あれじゃねー!」

そうです,”あれ”がみえてきたのですー
にしても,路駐が邪魔だなー
この街にも路駐はあるんだな!
と一つ勉強になった,


他の観光客も皆,そちらへ向かって歩いている,
いろんな言葉を聞き

「世界中から来てるみたいだな!やっぱり
 奴は人気モノだぜ!」

「そうだね,聞いてるとイタリア人も多いみたいだから」

「国内旅行か! なんか羨ましいなイタリア人,
 日本で言う”京都”ってやつかなー?」


など喋りながら進んだ,
見えて来るにつれ
みなが自然とにやけて来ているのを横目で見ていた,


暑すぎでシャツがびしょ濡れや!
みな,かなり汗ばんでいる,

ここはロシアより暑いぞ!
どうなってんだか,,


続く,



スポンサーサイト
2007/12/29/Sat 05:18:47  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:2/TB:0/

§ フィレンツェ,到着!編,

起きて,降りるがたいして大きい駅でもない
”超”有名なこの場所,みな知ってるかな~?

20071017171336.jpg
(さほど大きくなかったが,)


日向にでると暑い!
なんて暑さなんだ!

よく考えたら,ロシアから
どんどん南へ下がって来てしまって
とうとうイタリアまできているんだな!
と改めて感じた,

オーストリアも肌寒く上着来てたのに
Tシャツ一枚でも,めっちゃ暑い!


クリスの早足に着いて行く,
写真が駅の写真だけど
名前で,分かる通り目指す場所はただ一つ!


城壁に今でも囲まれているこの街,
中は本当に人が住んでいいのかってくらい
映画の世界!

でも,本当に洗濯をしたり,
ベンチで寝たりしている住民を見かける,

でも,大半があの斜めっている”モノ”を
見る為に来た,観光客,

なんで,お土産屋が多い!
この街一番の大通り?
(凄い人ってか狭い)
を,ひょいひょいとかき分け進み,
人の少ない道を暑いなか3人でとぼとぼ歩いていた,
もう少しだ,


とその手前で,
とある,小さなお土産屋さんに置いてあった
国旗に目をつけたクリスが
「クアント クエスタ?」
「シンコ」
「シンコ! ノ! クアトロ!」
と値切っていた,
そこまでして欲しいのか?

「なんで,そんなん買うんだ?」
と,オイラは聞いた,
「行った所のワッペンをこれに貼るんだよ!」
と,クリス

と,クリスは購入していた,
買ったものをバックに積め
もうめの前の”斜めやろう”の元へ!

続く,



2007/12/27/Thu 17:14:19  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:4/TB:0/

§ フィレンツェ,乗車編

中央駅に入ると,物凄い人だ!

クリスとオイラ達は人をかき分けながら
チケット売り場へ,

20071017171039.jpg
(“あの街”へ!)

チケットの自動販売機は長蛇の列!
一台に30人ちょいはいる!
しかも,一つ一つ買える種類が決まっている
らしく,しかも,何時初かも把握しなければならない!

すると,電号掲示板をクリスが見始め
「この列だ!」と
助かりますわーイタリア語さっぱりですもん!

しばらくしてオイラ達の番になったが
分け分からん!かすかにこれかなーって
のは分かるが,
ここでもクリスが「このチケット!」
と教えてくれ,どの列車かもすぐに分かった。

どこかヨーロッパらしさをだしている
(写真の列車)
が古くも有る,
でも,乗ってみるとなかは新品そのもの!
とても綺麗だ!

早速,席に着き
疲れていたオイラ達は
5分後には皆寝ていた,


途中,乗務員に起こされ
チケットチェックがあった
クリスはなかなか起きずに
皆で起こした,
朝早かったんで,三人とも眠かったのだ,

しばらく寝ていて,
気がつくと皆ほぼ同時に起き出し,
アナウンスが!

どうやら,目的の駅に着くらしい。


続く,




2007/12/22/Sat 17:11:34  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:2/TB:0/

§ フィレンツェ,切符ゲットや!編,

門の所まで来て,3人で話しながら歩いていたら
向こうから,バスがやって来た!

img_836221_15051899_1.jpg
(噂の機械,)

これを逃すと結構待たされるのだ!
3人+他のユース宿泊人はダッシュ!
でも,切符がない,,


するとクリスが
「切符は本屋で買うんだ!」
と,路上の前に紹介した売店?
に売っているらしく,ダッシュで皆で
タバック?(と呼びます)
タバックに向かいクリスが頼むとなんと
切符を出して来て,普通に買えていた!

img_836221_15051899_0.jpg
(念願のチケット!)

オイラ達も急いで,切符を

「ウノ!」

と親指を立てながら頼み
無事に買え,
バス停にダッシュ!


皆で,道路を横断し
(車を避けながら)
間に合った!
皆で汗だくになりながら
乗り込み,例の機械にビー!っと
切符を通し,
こうしてやっと,”バスを金を払い乗る”
と言うことに成功!

オイラ達はバスの中でも爆笑しながら
話しこみ,中央駅へ向かうのでしたー

続く,




2007/12/14/Fri 17:08:08  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:0/TB:0/

§ フィレンツェ,あの街へ編,

img_836221_14888776_0.jpg



朝飯は,昨日受け取った所で
また並び,給食みたいな感じで
受け取り,
当たり前だが,またイタリアン!

飯を食い終え,部屋に戻ると
クリスがなんか準備している,

「どこかいくの?」

特に予定のないオイラは興味が有り
聞いてみた,

「~~へ行くんだよ!」

と誰もが知っている”あの場所”へ
行くと言う!

オイラは
「一緒に行ってもいいか!」

と聞いてみると,

「いいよー」

との返事,
そこへタクミ氏も戻って来て
「行く」とのことで,3人で行く事に,


早速オイラ達も準備をして出発!
ユースの長い道を歩きながら,行き方
フィレンツェのことや日本の事
色々話しながら歩いた。


にしても天気がいいや!

続く,


2007/12/11/Tue 17:04:41  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:3/TB:0/

§ フィレンツェ 長い一日だった,ってお前もか!   編

食い終え,外へ
入り口のイタリアらしい?階段のところで
皆,飲んでいた,
(夜になると満天の星空でかっなり素晴らしい!)

img_836221_14504770_0.jpg
(いいユースだった!最高なシチュエーションな場)

オイラ達もカウンターの横が売店になっていて
そこでビールも買えるんで,
見たことも無い銘柄のビンビールを買い,

「イタリアンビールに乾杯!」

と飲み始めた,
クリスはいい奴で話しも合うので
楽しい時間が過ごせた!

指でLAをやってのポーズでの写真を撮ることに
(前回の記事の写真)
悪い顔をするんだって言われたが,分からんかった

はけないように姿勢よくなっているが
(オイラはサンダルなんで裸足だった)
足をかけ,かなり偉そうな格好をして飲んでいた,

img_836221_14504770_1.jpg
(部屋の二段ベットも何故か?カラフル!)

月が見え,同じ空の下に日本も
有るんだろーなー

など日本とはまた少しだけ違う色の空を見,考えてしまっていた,
時間も色も違う世界でいるのは間違いないようだ,

久々に日本を思いだした時だった,



しばらく飲んで,

「じゃ,部屋に戻るか!」ってなり

「俺,三階だから」

「オイラ達も三階だよ,」

で,歩いて行くがなんだ近い部屋なんじゃんとなり

「へ!,,ここ?」

なんと部屋が同じだった,,
ってお前と何処まで繋がってるんや!
同じ部屋かい!

クリスは歳上なのに,どこまでもタメ語なオイラでしたー


続く,




2007/12/08/Sat 12:02:26  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:4/TB:0/

§ フィレンツェ,奇跡再び!ベスパは赤?編

タクミ氏がカウンターで,オイラの分も
適当に券を買って来てくれ,
20人ぐらいのユースでは最大級の行列に並ぶ,


オイラは周りの人達を使ってのギャグを
連打したりしていた,
(待たされ過ぎだし,いつ自分らの番が来るかも分からんので)
後ろの女の子にも軽くジャブ的なギャグを
して笑わせたり,
(オイラのお笑いは世界共通だと自負した瞬間だった!笑)
そんでも,なかなか進まないんで
ちょいイライラしだしていた,


御盆に飯を乗っけて,嬉しそうに
通り過ぎて行く奴らを横目でっ,でなく真っ正面で見ながら
(変な東洋人だと思われてる87%)
二人とも黙ってしまい
体を揺らしながら,腕を組み待っていたその時であった!

「あー! 二人ともー!!!」

聞いた事のある声に二人同時に声の方を見ると
なんとそこにはミラノで一緒だったクリスが御盆を持って立っていた!

20071017164235.jpg
(澄まして,なお世の中を見下して,,ってそんな顔出来なかった,笑)

先に並んでいたのであろう,すでに御盆を持って
テーブルの方へ向かうところであった,

「なんで,”ヨハン”!,二人が居るんだ!」

「ってかお前がなんで!?海の方へ行くって言ってたろ!」

「フィレンツェによって行こうと思ったんだよーおー!
 奇跡だなー!一緒に食おうゼ!」

「まだだから,先に席取っておいてよ!」

って,ことで大声で話すオイラ達を周りの人々は
日本語なんで何言ってるか分からなかっただろうが
しばらく見られていた,
これ以上ないくらいのテンションだった!笑

そんなオイラ達の
2組ほど後ろに日本人の女の子2人組みがいて

「ミラノで一緒だったんですよー!」

と,まさかの出会いに興奮が覚めずに自動的に知らん人なのに説明していた,
誰かにこの興奮を伝えずに居られなかったのかもしれない,

自分らの番にやっとなり,
券を見せ,何が来るのかと思っていたら
やはりパスタだった,
(イタリアか!つっーんだよ,,)
と,ここはイタリアなんだよー,ということを忘れツッコんでたオイラ,笑


給食みたいな感じで
カウンターの中でおばちゃん達がせっせと
(というか窓みたいになっていて,中は隣の部屋の厨房)
お皿に盛っている,

「沢山か?」

と聞かれたんで

「”超”大盛り!」

と超は日本語で言いました,
するとおばちゃんは笑いながら

「チョーウ,チョーウ」

と,気に入ったのかしばらく真似されてた,笑


で,後ろにいた女の子達も誘い
一緒に食う事に,

行くとさっきよりか皆,食い終わったのか空き始めていた
ど真ん中のテーブルでクリスが食っていた,

で,「なんで,また今日ここにいるんだよ!?」

と始まり,かなり盛り上がっていた,
慶応生2人組も「日本の方なんですか~?」
と混ざってきて,皆で話していた,
(日本語で大声で喋ってたら日本人が集まって来た!笑)
イタリア話しで,ベスパの話しになり,
なに色が欲しいかって話しになって


クリスは「赤だよ!」と

オイラは「紺かベージュ!」

と意見が分かれ

「おーならここで多数決とるか!」

「おー表出ろー!パンクラチオンで勝負だー!」

「腕,砂利だらけにしてバイクの乗れない体にしてやるぞー!」

とオイラが言い出し,笑。クリスも途中から話がそれていったが,
(笑いながら話してる内容が凄い!笑)
周りの人々はまさかパンクラチオンの話とは,と

まあ,周りの日本人で多数決を,笑

すると皆,

「紺」

「ベージュかな,」

「私,紺が欲しい!」

と圧倒的にオイラが勝つ,
しかしクリスは

「べ~ス~パァ~はあ~か~だよ~!」

と唸るように叫び出し
オイラも,

「紺だって!わかんねーかなー汚れが目立たんのよ!」

と二人で叫んでいた,

周りの人達は皆見ていた,
日本人の方々にも知らないフリをされていた,,,

なんで,赤かって言うと
ローマの休日のは
白黒だが,あれは赤だったらしく
だから”赤”なのだと,
でも,クリスは似合うけど,
オイラ達は恥ずかしいと,,,

クリスは本当にオモシロくいい奴だ!




続く,





2007/12/07/Fri 10:56:29  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:4/TB:0/

§ フィレンツェでの宿泊はお城?編,

ユースはまた小さい壁に囲まれていて
小さな出口から入って行く
(ここでええんかなー?)
って思って行く,

中庭もむっちゃ綺麗で噴水がある!!
なんだここは,,


20071017163813.jpg
(部屋からの眺めも最高に気分のいいものだった)

でもパッカーらしき人々が何人かいたんで
いいんだ!と思い,
建物に入ると,巨大なホール!
そこに受付がある,

リッチだ,,何人も並んでるんで
急いで並び,ユースホステルカードを
(これを日本で作り,これがあればすぐに停まれる,
空いてれば,,)
探すがどっかにいってしまい
(パックはデカイのです!)
汗だくで見つけ出し,
取れるか不安ではあったが無事に部屋をゲット!
荷物を背負い,部屋へ向かう。


広い建物で廊下も長い,
赤絨毯なんかはなくユースっぽさを
出してはいるが,今までのコマコマした
建物とは比べ物にならない!

カギを開け,部屋に入るが
まだ昼間なんで皆出掛けていなかった,
(昼は当たり前ではあるが,観光などで
対外みな出かける)
で,荷物をロッカーに閉まったり,
疲れたんで,窓から外を眺めたり,
(写真はこれはトイレ&シャワー室の窓からの眺め,笑)
部屋からは裏庭,オリーブの木や
食料を運んでるのか大きなトラックがエンジンをかけっぱ
で停まっていたり,
(でも基本,緑いっぱいで空気が上手い!)


充電したり,ベッドの周りを今のうちに整理
同じ部屋の輩はどんな奴かな?などタクミ氏と話したり,
と,フィレンツェに来てやっと落ち着いた時だった,


空いてるんで早めにシャワーを浴びたり,
で,落ち着いた頃にはもう晩飯の時間に近く
でも,下手に出かけられなかった,
(中心街までは遠いし,近くは自然!しててあまり店もない,,)

で,このユースは食券をカウンターで買い
食道?一階のテーブルで食えるらしいので
(ラッキー!や,)
今日はとりあえず,ユースで腰を降ろそうと
いろいろあったんで疲れもあったし,笑

一階に降りると,凄い人数の人がいた,
50人はいるかな,,,まだ並んでるのも20人以上はいる,

大きな窓?(天井から床までの大きな)が空いていて,
裏庭のテーブルでも食える様になっていたが
大きな部屋が満タンになるくらいの多国籍な言葉が
行き交っていた,



続く,




2007/12/05/Wed 09:39:05  長く曲がりくねった道,熱気のイタリア編/CM:4/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 チェブラーシカの謎. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。