チェブラーシカの謎

旅日記,絵画,サッカーネタまずこれからいって頂きたい,

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ウィーン脱出!編,

実はハンガリーのブタペストに向かうため,
また東に戻って来たのですが,,


20070830001841.jpg
(素晴らしい街!ウィーン!)

何故って?ブタペストは温泉で有名なんで
湯に浸かってなかったオイラ達は
夢中で目指していたのです(笑)

が,ホモが多発すると言う情報を入手!
しかも,波じゃない数が集まるスポットらしく
急遽,西へ変更!

で,昨日の内に予約を取って,
本日はみんな知ってるかなー?
イタリアに決めました!
イタリアのミラノ行きを予約したのでしたー
で,本日はミラノへ向けて出発なのです!

20070830001415.jpg
(ブタペストの温泉,黒い噂が,,笑)

まだ,時間があったんで,カフェでコーヒーを飲み
軽くサンドウィッチを食う。



バスターミナルは街の中心からちょい離れた駅で
寂れた街だった,店はハンバーガー屋などが
あり,店も何軒んかはいってる,モールみたいな?
とこの前だった,

ハンバーガーを食ったり,スーパーの中を見て回ったり
して時間をつぶし,
あと,2時間を切った時
バス停の前のベンチで,同じバスを待つであろう
怪しい,非常に怪しい人物がいた,

スキンヘッドにサングラス,とても大事そうに
アタッシュケースを持っていた,
,,,,怪しい,,

マフィア系なんかなーって思ったりしたいた,
一人でベンチを占領していた,
オイラは疲れたんで,横に座ると
荷物が重かったのか?

ベンチがボコ!ってオイラの方が凹み
スキンヘッドのおっちゃんの方が持ち上がった!

すると,おっちゃんはビックリして立ち上がり
すたこらどっか行ってしまった,,,
なんだったんだ?

で,バスがやって来て乗り込むと
おっちゃんも乗って来た!
やっぱり同じバスだったんだな,
でなんと,ウィーンからミラノまで
13時間!かかった!

ながかった,,,日本の高速バスで渋滞の時に9時間かかった
のが,最高記録だったんですけど,,,
ルーマニアでバス停で待ったのも長かった,,
長かった,,かった,,



と,その間,あのおっちゃんは車内で何度も便所へ行き
帰りは決まってタバコ臭い!
勿論便所も禁煙です!
オイラはガマンしてるつーのに!!

ゆるせませんねー!

続く,





スポンサーサイト
2007/09/06/Thu 12:11:25  長く曲がりくねった道,音楽の街でダンスを踊る編,/CM:0/TB:0/

§ ウィーン,ベートーヴェン・フリーズ編,

朝,,その前に昨晩の話しなんですが,,,,


オーケストラ見物にいったあとの話し,,
帰ってきて,シャワーを浴びて
さんにんでフロント的な場所でソファーで
寛いでいた時,

なぜかオイラの怖い話し特集が始まり,
(日本でもたまーにやる)
でウィーンで名古屋人を怖がらせていた所,
(なにやってんだかウィーンで,)

多分ポルトガル人だと思う,美人がシャワーから
あがり髪を乾かしながらオイラ達の隣のテーブルで
本を読んでいた,

20070829232602.jpg

(ヌーノ似てたなー)

その人を見た時,え”!顔が(ないなんて話しでないですよ,笑)
ポルトガル代表のヌーノ・ゴメスにそっくりだったんです!
サッカーを知らない人はすいません!あまりに似てたんで,
この感動を伝えたくて,,笑

指さして

「ごっつ似てるわーヌーノ・ゴメスだろー」

って言ってたら苦笑いされました,
(ほんと,すいませんでした)




で,本日のはなし

名古屋人が出発するってんで,一緒に出かけトラムの駅のとこで
オイラとタクミ氏は中心街に向かうので,
ここで別れようってことに,
握手して,

「また会おう!」

っと言ったとたん時間が無いのか
ダッシュで消えて行った,,,,,,,
まあ,,いいか,,

で,中心街へ向けて歩き腹が減ってたんで
(朝飯も出ないからなーんも食ってない)
なんかあるかなーと探すが結構高い!

でも,中華は昨日食ったし,,
で,なぜか気づいたらフィッシュ&チップスを
食べながらビールを飲んでいた、笑
そんな時,

外でなにか始まった,兵隊の行進?城に向かって
進んでいる。

20070901174920.jpg
(よう分からんけど,店から出れなかった,,)

良いけど出れない,,,
で,しばらく見てる,城の方へ行ってしまった,
(城ってか,なんてか,,)
で,二人でしばらくウィーンをぶらついていた

「渋谷っぽくねーよな?」

「マルイもないなー」

「ウィーンってあれだろ?」

「そんな!まさかそこまでか!」

「そんな感じかな」

とか会話していた,タクミ氏との会話は基本成り立っていない
他人はなに言ってんのって言われたことも普通にある,

この時も渋谷なんてまるで関係ない,
でも,普通に成り立ってしまっているから不思議なもんです,


で,店に入ったり出たりしてるうちに
オイラ一人になっていることに気づいた,

「よし!ここは諦めだ!」

って,タクミ氏を探さずお土産屋を見たり,


なぜかオーストリア国旗のキーホルダーを
買ってしまっていた,,,


20070829232800.jpg

(ベートーヴェンやったか!)

これからも訪れた国のを買い続けようと,

で,美術館へフラフラと,

そう”分離派館”へ!

知ってる人は知ってると思いますが
なんと言ってもクリムト!でしょう,

で,なかなか楽しんでしまってました,

ドームはどうしてもキャベツに見えませんでした,,



帰り道,いい天気でいい具合に暖かかったので
変な仏像に寄っかかって昼寝することに,


しばらくして,変なじーさんに起こされた,

「なんすか!」

「★▽☆-■!」

どうやらこの仏像が立派モンらしく
なにやってんのー的な感じだった,

「this is for you]

とボケかましたが通じず,

「don`t be so cheap!」

なんていってやったりしていて
寝ぼけ半分で会話を,

ふっと足下の文字が目に入ったんで読んでみたら,

「ベート,,ベートォ,,,」

なんと,ベートーベン!って書いてある!
マジで,,,,すいません,他で寝ます
(いや,帰って寝ろ!)

「it`s no big deal!」

って言って去りました,
(いや!ちゃんと,謝りましたよ!)

なんだか余計疲れ,
とぼとぼと帰るのでした,



続く,



2007/09/01/Sat 10:47:37  長く曲がりくねった道,音楽の街でダンスを踊る編,/CM:4/TB:0/

§ ウィーン,モーツァルト1号編,

その後,教会の近くをうろちょろしてると
モーツァルトのカッコうした人に声かけられた,

20070814222630.jpg

(モーツァルト1号さん,)

「オーケストラがあるんだよー」
ってな感じ,

「いつ,あんの?」

「今晩」

「え!いきなり!」

で三人で,どうしようってなって
でもどんなんか分からんので,

「どんなんで,誰の演奏なの?」

「私達がやるのよ!」

ってもう一人モーツァルトを連れて来た,
でパンフ見せてもらい説明を受け

「楽しそうじゃん!ウィーンに来たんだからなんか見てこうや」

でなんだかんだ言って,一番安い席を選んだのでした,,,
高いもんね!
(前回,オーストリアに来た時も同じやり取りを,笑)


で,8:15~10:00なので(夜の)
早めに歩いて行く,夜のウィーンはまた違うのだ!
なんと言うか映画の中をさまよっているかのようで,
でも,現実なんで危なさも感じる。
で,気を引き締めて歩く,三人で,


クラシックででもモダンで(でも路駐してあって,笑)
ですぐにコンサートホールに着く。


もう凄い人で早めでゆっくりと言う予想が敗れ
ガヤガヤと人の中で埋もれてしばし待つ,

時間になり人が流れ込み始める,
がたいの良いビシっと決めた(スモーキングジャケット?とでも言うのか)
人にチケットチェックをして,沢山ある階段で「どれや!」って
叫んでいると紳士的に指差してくれ,階段を上がり
すぐに席を見つけられ三人で着席!

が,間違ってたのか他の外人達にそこはオイラ達の席だぜ!
みたいに言われ少しだけ移動,
間違ってるはずないんだけどな~まいっか!

にしても凄いゴージャスなとこやなー
ゴージャス丸出しやんけ!こっちが恥ずかしなるわ!
みたいな感じです,
こんな恰好でいいのかな~

20070814222723.jpg

(にしても豪華やなー)

隣に日本で言うOLさん言うのか?日本人女性が座り
これまたきれいな女性で女はこのくらいからを女言うんや!
なんて心で言っていた,

そんな時,始まり,何十人かのモーツァルトが現れ
演奏を始めた,
結構うまいやんけ,

オイラはクラシックも好きでたまにだけど聞くんで
どんなもんかな!ってあまり期待はしておらんかったけど
けっこう巧い!


で,素人にも楽しめるような話し!なんかを混ぜて
2時間くらいけっこう楽しめた!
あんまり畏まったのはな~なんて思ってる方には
オススメです,アトラクション的に楽しめるのもあったんで,



帰りは美術館の前にある”写真”どうやって撮ったんだって
思うくらい世界中の奇怪で素晴らしいショットをかましてました!
素晴らしい!

世界は素晴らしく,可能性に満ちてるんだぞ!って教えてくれてる
みたいで,ワクワクしてしまいました,


ユースの近くまで来て,曲がるとこを間違えたのか?
迷ってしまった,


でも,小さな公園の隅で小さなキヨスク?タバック?
(ヨーロッパ独特の小さな店)
店員が一人入っていて,お客は外で注文,防犯なのかな?
で,オイラはこの時間でしかも迷っているのに,

「ホットドック!モア,スパイシィー プリーズ!」

で,辛いソーセージのを買いビールも買い,道は名古屋人に任せた!
すぐ近くで道も分かり,腹も満足,音楽も聞けて満足出来た一日だった!
ぼろい防犯のなっていないシャワーが×だったが,
ぐっすりと寝れた,


続く,





2007/08/28/Tue 10:28:16  長く曲がりくねった道,音楽の街でダンスを踊る編,/CM:2/TB:0/

§ ウィーン,ウィンナーコーヒー?編,

そのあと,シュテファン寺院の方へ,
眺めていると名古屋人が「登れるんですよ!」
と,へ!これ高っかイゼー,何十メーターあんだ?


20070814222050.jpg

(何故,,登ったんだろ,,)

でも,向かい入り口で金を払いグルグルと階段を
登り始める。
登って登って,そんでもって登って
観光客を抜いて,あせを拭いて登って
窓?外を眺められるとこで黄昏れて登る。

やっと頂上へ!
汗をかきながら,景色を眺める。
ウィーンを一望出来た,みんなそう喋らず
黙って眺めていた。

降りるのがまた大変!
なんとか,降り塔を眺める。

なんで,登ったんだろう,,,,


昼飯は色々皆で悩んだが,中華の食い放題の文字が!
変に入っても貧乏旅行での資金で,選んで入る店はマズい!
高い金を払えばそれはー美味いが,そうもいかないので,,,
ってことで中華に,

入り口は小さかったので少し不審に思っていたのだが,
中はなかなかリッチ!
イメージ横浜中華街の店って感じ,デカイ水槽なんかが置いてあったり

で,二階の奥の良い席に着き,バイキング方式になっていて,
まずは落ち着いてビールを頼み,グイっと飲んでっと
さー!ってことで食い始める!



炒め物にエビチリ!白米!しかも結構日本のに近い!
で〆にデザートの(たぶん缶づめ)フルーツを大量に!
たらふく食べ,大満足,

帰りに大通りでカフェにより,オープンの席に付き
ウェイターに

「ウィンナーコーヒーが飲みたい!」

っと
頼むが「????」
なんて名前なんだろー

オイラ「ウィンーーウィーンってかウィンコーヒー」

ウェイター「????」

オイラ「ウィーンでしか飲めん奴,みたいなのでウィーーンってかね」

ウ「????」

オ「泡がね多いんだー」

うなずいた,
で,行ってしまった,
分かってないだろうなー
三人でどんなのがくるか賭をした,
オイラはフツーのカプチーノと予想,

20070814222158.jpg

(泡だらけやん!)

で,来たがちゃんと持って来てくれた!!

「ダンケ!ダンケシェーン!」

(これ,いつも意外かもしれないですがフツーのトーンで言ってます,
 顔はそんなにテンション上がってません,発言だけで,)
美味かったです!
”ウィンナーコーヒー”



また続きますー,





2007/08/20/Mon 10:23:03  長く曲がりくねった道,音楽の街でダンスを踊る編,/CM:4/TB:0/

§ ウィーン二日目もまた

もう,出なければ行けない,,,
もうウィーンを出るのか?
(なんもしてないのに,,,)
で,カウンターに聞こうと一階に降りていくが
時計を見たら9:30を過ぎていた!

「ヤバい!,,,」

しかもフロントは凄い人!

で引き返し,渋々荷物をまとめることに,,
なんでこんなに混んでんだ?ウィーンは,,


20070814221435.jpg

(ウィーンの街は綺麗や!)

10:00までには出なければならないので
急いで,片付け,同じ部屋の日本人(名古屋大生)
と一緒にカウンターへ行き無理矢理,訪ねる。

「他にこの近くでドミトリーないのか!?」

すると,
「すぐ目の前に有るんだ」

と,特別に教えてくれた。
(早く言えよ!)
あまりに一生懸命だったんで,熱意が通じたんだろうか?
で,そのドミを紹介してもらい,
下見に名古屋大生と二人で,そのまま向かう。


ホントにユースの目の前だ,,
空かさず「ビーッ!」と,むこうらしいブザーを鳴らす,

「ハロー」

「グーテンターク,アイ ウォント なんたらかんたら」

「OK」

「ほな!」

カシャ!と音がしてカギがあいた,

朝一で適当に会話するが,どうやらユースの人が
連絡していてくれたらしく,直ぐに開けてくれた!
(や,優しい!笑)
三階まで登り,部屋でまたブザーを

綺麗なおねえさんが出て来て
「どーぞ!」と迎え入れてくれた,


で部屋を見せてもらうが,普通の3LDKの部屋を
それぞれドミにした感じで,

「空いてる部屋はここ」

と見せてもらうが,普通の部屋を三階?三重にして
何人も寝れるようになっていた。
空いてるのはどうやら,その一番上!大丈夫かなー,,


でも,清潔で問題ナシ!,,なんで,

「決めた!じゃ荷物持ってくるわ!」

っとまたユースの戻り,
(って本当ユースの目の前道を挟んですぐ)
荷物を片付けていたタクミ氏に

「部屋決まったから」
って言うと

「え!どこに?」

とビビっていたが,でもすぐに出ないと怒られるのもあった
ので,すぐにバックパックを背負いまたブザーを




荷物にカギをかけれないが,まあ安全なほうだ,
で,三重の一番上まで脚立で登り,
横になる,

窓から通りを眺めたり一服,で,金を払い(安い!)
一泊メイビーなのだが飯抜きで円で1000円台だった,

という訳で,飯は付いてないんで
外に食いに行く,




街に出て遺跡後の広場に行くと,馬車が何台も待機していた,
観光客用なのであろう,

オイラは凄まじい馬好きなんですぐに近づいて行ってしまう,笑
なでたり,会話?したりしていると,
飼い主?がなんだか不思議そうに見ていた,,



続く,






2007/08/17/Fri 04:16:14  長く曲がりくねった道,音楽の街でダンスを踊る編,/CM:2/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 チェブラーシカの謎. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。